ハンノウコートは可視光対応の光触媒を吹き付けることで、雑菌、臭い、有害物質などを分解するコーティング剤のことです。




 KG 空気ぐるめ  KUKI GOURUME ―

吹き付けるだけで、有害物質を分解。
製品概要 特長     PDFカタログ 製品紹介ビデオ お問合せ
製品概要
ハンノウコート




光触媒 ハンノウコート とは
             
「ハンノウコート」の主成分である酸化チタン(TiO2)は、太陽や蛍光灯から出る光エネルギーを吸収してエネルギーの高い状態となり、そのエネルギーを反応物質に与えて科学反応を起こします。
酸化チタンに光を照射したときに生じる強力な酸化力を利用すると、ほぼ全ての有機化合物を水や酸素ガスに分解することができます。
光のエネルギーのみを利用するので、ランニングコストをかけずに脱臭、抗菌、防カビ、排ガスの浄化、防汚、水処理などに安定した効果を発揮します。
   光触媒 ハンノウコートの効能、効果は

地球環境の浄化は人類に課せられた解決すべき緊急の課題です。
酸化チタンを利用した光触媒反応は環境浄化の有力な技術です。
太陽光や蛍光灯の光を照射することにより、家屋のシックハウス対策、病院、介護施設、ホテルなどの消臭、抗菌、ビルの外装の防汚、セルフクリーニング、道路のNOx、SOxの分解、水処理など、その用途は多岐に亘ります。
ハンノウコートはアパタイト被覆酸化チタンと可視光対応型光触媒により幅広い応用が可能で確かな効果が期待できます。

特 長
ハンノウコート
            アパタイト被覆酸化チタンが主成分
   
アパタイトとは骨や歯を構成している物質で、菓子やチューイングガムなどの食品添加物としても応用されています。
優れた特徴として吸引性があります。インフルエンザウィルスや大腸菌などの最近類、シックハウス症候群の原因となるアルデヒド類や臭い成分であるアンモニア、さらに大気汚染である窒素酸化物の吸引性があります。

    可視光応答型

太陽光や蛍光灯の光に多く含まれる可視光を光触媒反応に応答するように改良されています。また、暗所でもアパタイト機能により有機物質や細菌を吸着して照射時に分解します。

    有機物質と光触媒との隔離

アパタイトを被覆した二酸化チタンをプラスチックや繊維、紙などの有機系の媒体などに混合しても基材を分解しません。

    バインダーが不要

独自の構造と噴射方法により、にバインダーが無くても均一に付着させことができます。

    施工が簡単

常温乾燥でしっかりと密着するので、既存の建物へのコーティングも簡単でスピーディ。耐熱性のない材料にも対応します。
また、ハンオウコート溶液は中性なので、酸や薬品に弱い金属・プラスチックなどへのコーティングにも効果を発揮します。

   安全性

酸化チタンは食品添加物として認められ、歯磨き粉やホワイトチョコレート、石鹸、化粧品など、幅広く用いられている安全な物質です。酸化チタンを主成分をした「ハンノウコート」は住まいのあらゆるところに安心してご使用いただけます。

光触媒とは?

光触媒とは、商品名ではありません。
光をエネルギーとして働く触媒のことです。つまり、「発電」や「燃焼」というような原理のことです。
光触媒の原理は、様々な分野で広く使われています。歯科医院では歯の漂白に使われ、大手メーカーの冷蔵庫では野菜・果物の腐敗防止として使われています。農場では無農薬栽培の切り札とされ、自動車のミラーのくもり防止としても使われています。
光触媒の原理は、自然界でも多々見られます。
その代表が植物の葉緑素による光合成です。
二酸化炭素と水に光を当てても光合成は起きません。葉緑素という光触媒があることで化学反応が起こり、二酸化炭素と水から、酸素とデンプンを生成します。
つまり光触媒とは、光のエネルギーによって働く触媒です。
その光触媒の原理により、人工的に作られた画期的な光触媒をイージージャパンはあえて「環境浄化光触媒」と名付けました。